いよいよ夜勤デビュー!準備しておくべきこととは?

いよいよ夜勤デビュー!準備しておくべきこととは?

日中の業務を一通りマスターしてこなせるようになると、いよいよ夜勤にデビューする日がやってきます。夜勤でもちゃんと仕事をしていくために必要なことについて考えます。

 

いよいよ夜勤デビュー!準備しておくべきこととは?

 

特にユニット型の特養や、グループホームなど、夜勤の時間帯を職員1名で仕事をしなければならない施設においては、夜勤をさせるかどうかの判断は慎重に進められます。はじめは先輩職員と組んで一連の仕事を教えてもらってからとなるでしょう。この時に先輩の動きをじっくり観察しましょう。

 

自分ひとりしかいない時間帯は、コールが鳴れば全て自分ひとりで対応しなければなりません。コールが鳴ってからお部屋に向かうのが遅くなると、ひとりで動き出してしまい、転倒する危険がある方もいると思います。コールを待っているのではなく、自分から仕事を組み立てていく必要があります。

 

夜間はコールが鳴るイコール排泄支援であることが多いです。トイレであれ、おむつ交換であれ、一度その方の支援に入ると、ある程度の時間がかかってしまいます。夜間の排泄パターンについてしっかり確認しておきましょう。

 

先輩からの情報共有が大切

先輩からの情報共有が大切

また先輩職員の「○時に□□さんが起きてこないときは、ほかの人とかぶりにくい△時にこっちから起こすといいよ」といった情報がとても重要です。仕事に慣れた職員は、無意識のうちにこのように組み立て方の工夫をしているので、先輩の動き方から得るものが多くあります。

 

高齢者には夜の顔がある

高齢者には夜の顔がある

また介護が必要な高齢者には「夜の顔」があります。寝る前に飲む薬の影響で、日中よりも介助量がぐんと増すこともあります。

 

薬の影響は歩行状態にも現れますので、転倒リスクが桁違いということもあります。飲んでいる薬について確認するとともに、介護記録をよく読んで夜の生活パターンを掴んでおきましょう。

 

施設では夜勤ができて一人前

施設系の介護の仕事においては、夜勤ができるようになって一人前という考え方があります。給与面で夜勤手当が占める割合が大きく、夜勤ができることでちゃんと稼げるようになったという意味合いもありますが、「一人でも仕事を任せられるようにならなければ夜勤はさせられない」という施設としての危機管理意識が現れているとも言えます。

 

一人前と認められ、任せられた期待に応えるためにもしっかりと準備をして夜勤に臨んでください。

 

施設では夜勤ができて一人前