介護 アルバイト パート

介護職を始めるのが不安なら「アルバイト・パート」から始めよう

介護職の求人は常にたくさんあります。自宅で家族ができない高齢者の介護を担う、とても重要な仕事ですが、「給料が安い」「仕事がきつい」など、残念ながら世間のイメージがよくないことも理由の一つです。

 

介護職を始めるのが不安なら「アルバイト・パート」から始めよう

 

ですが働く上でのメリットがないわけでは決してありません。年齢を問わず募集がありますし、正職員になれる可能性も他業種に比べれば高いです。また福祉分野の仕事ですので、産休・育休・子育て中の短時間勤務など働きやすい労働環境が整っている場合が多いです。

 

やっぱり不安という方は

「介護の仕事をしてみたいけれど、でもやっぱり不安」という方もおられることでしょう。介護という仕事がどんなものなのかは、実際の現場に入ってみなければわからないかもしれません。

 

やっぱり不安という方は

 

不安な方は、パートやアルバイトとして働くことから始めてみてはどうでしょう? 介護の仕事がどのようなものであるかを実体験することができます。

 

注意点が一つあります

注意点が一つあります

もし、アルバイトやパートとして働く場合は、注意点が一つあります。あくまでも決められた「時間」に対して「時給」で働く存在であることを忘れないようにして下さい。

 

介護の仕事は、業務量の多さもあり、長時間勤務になりがち。きちんとした残業代が出ない施設では、正規の職員も時間通りに帰ることをあきらめてしまっている場合があります。

 

そんな職場ではパートやアルバイトに対しても、終業時間が来ているのに他の職員が気にしてくれずに帰りにくい、ということがあります。でも雰囲気に流されず、なんとなく残ってしまうことがないように心がけましょう。定時に帰る必要があることを、丁寧に伝えてください。

 

パートやアルバイトで働いてみて、「介護の仕事って楽しい」と思えるようであれば、正職員を目指すこともできます。他業種に比べればなりやすい仕事です。

 

パートでも介護福祉士を目指せる

介護職員の専門資格としては介護福祉士がありますが、この受験資格には実務経験が含まれています。パートとして働いた期間であっても、実務経験としてカウント可能なので、「やるからには資格を取りたい」と思った場合でも無駄にはなりません。

 

パートでも介護福祉士を目指せる

 

残念ながら世間のイメージ通りのブラックな労働環境を強いられている施設があることも事実です。ずっと働ける施設かどうかを見極める意味でも、パート・アルバイトでの勤務をおすすめします。

 

いかがでしたか?アルバイト・パートから介護職を始める事で、あらゆるメリットがある事が分かって頂けたかと思います。

 

合わせて、未経験者におすすめの職場探しの方法も読んでみましょう。事前に正しい職場選びの方法を知る事で、働き出してから時間を無駄にしたり、後悔する可能性が減らせます。