介護職 未経験 資格

未経験者におすすめの介護関連資格はコレ!

私は介護の仕事を始めて1年までに、初任者研修と、福祉住環境コーディネーター2級の資格を取得しました。どちらも、資格手当として支給される場合は少ないかもしれませんが、介護の仕事をするには、知っておくべき知識等を習得できるので、取得しておいた方が良いように感じられます。今回は介護初心者の方にお勧めの資格をご紹介したいと思います。

 

未経験者におすすめの介護関連資格はコレ!

 

まずは初任者研修から取得するのがお勧め

まずは初任者研修から取得するのがお勧め

私も取得した初任者研修ですが、介護福祉士等の受験に必要な実務経験も要らない為、どなたでも受験する事ができます。取得するには、「終了試験」に合格する必要があります。

 

7割以上の点数の獲得が必要と言われていますが、基礎的な問題が多いので、きちんと授業を受けていれば合格できるかと思われます。

 

また、介護関連の資格はここから始まるともいえる資格が初任者研修です。

 

 

色々な場面で役立つ福祉住環境コーディネーター

色々な場面で役立つ福祉住環境コーディネーター

福祉住環境コーディネーターも比較的合格し易い資格でしょう。試験が年に2回ある事も受けやすいポイントです。また1級を受験するには、2級をすでに取得していなければ受ける事が出来ませんが、2級・3級はどなたでも受験する事ができます。

 

福祉住環境コーディネーターの資格は介護業界では福祉用具販売等の業務で役に立ったり、建築の現場でも約に立つので、建築士の方も取得をしている資格です。

 

初任者研修の次は実務者研修を

初任者研修を取得後は、実務者研修を取得する事をお勧めします。私のケースも、初任者研修取得後、実務者研修の講習を受けましたが、一般的な介護資格取得の流れとも言えます。そして、3年務めた後、介護福祉士の資格を取得しました。

 

初任者研修の次は実務者研修を

 

介護福祉士を受験するには、これまで3年の実務経験があれば受ける事が出来ていましたが、これからは実務者研修も必要になります。ですので、受験し易い初任者研修や福祉住環境コーディネーター、実務者研修等の、受ける事の出来る資格は、受ける事の出来るうちに受けておく事がおすすめとなります。

 

いかがでしたか?今回は、「介護職未経験の場合におすすめの資格」についてご紹介しました。資格については会社負担で取得できる所もありますが、予め入職前にそういった「資格取得に積極的な職場環境」について知っておく事が大切です。

 

キャリアアップに適した職場環境とは?を参考に、資格取得に積極的な事業所の特徴を把握しておきましょう。