介護職 資格取得 流れ

介護職でおすすめしたい資格取得の流れ

介護職でおすすめしたい資格取得の流れ

まず介護職を一からスタートするのに取っておきたい資格が初任者研修(旧ヘルパー2級)です。求人広告や職業安定所で資格不問と書いてあって、いざ介護職といっても介護の知識がまったくないと最初の一ヶ月で挫折する方多いのではないでしょうか。

 

初任者研修の講座をまじめに聞いて勉強すれば、だいたい介護職員としての知識は得られます。後は実際の介護の現場で色々なケースを見て日々勉強していけるでしょう。

 

そして三年実務経験を積んで介護福祉士の国家資格を取ります。介護福祉士を持っていると給料面や、いざ職場を変えなければならないといった時にかなり有利になりますので、介護職を続けようと考えている方は是非とっておきたい資格です。

 

試験内容は初任者研修で得た基本的な介護の知識と三年間の実務経験で大体半分くらいは点数が取れるでしょう。(個人差はありますが。)

 

あとは過去の問題や出題傾向を勉強していけば介護福祉士へキャリアアップも夢ではありません。さらに上を目指してケアマネージャーの資格を取れば、高齢になってからでもデスクワークとして介護の現場で働くことも可能ですし、医療にもう少し多く携わりたいと看護師免許を取得する方も少なくありません。

 

ともあれ、まずは初任者研修を取得されることをおすすめします。

 

まずは興味のある資格情報を取ってみよう

まずは興味のある資格情報を取ってみよう

キャリアプランを立てる為にも、気になる資格について資料請求をしてみましょう。

 

シカトルだと、約1分で複数の資料請求が完了します。

 

 

就職サポートを受けて資格取得を0円に!

 

 

求人サイトのかいご畑だと、人材コーディネーターに職場紹介を受け、入職が決まると、資格取得が無料でできます。

 

(かいご畑運営の、資格取得教室の受講費が0円になります)

 

かいご畑

 

強み 介護資格が0円で取れる
対応の特徴 無資格、未経験者歓迎